クラクラ

30代のご夫婦が安曇野で営む完全無農薬、無化学肥料の農園。
東京都日野市出身ですが、各地を転々とした後、2007年にご家族で安曇野に移住し農業をスタート。
農園を加納将人さんが担当。農園の作物を生かしたお菓子や保存食作りを郁代さんが担当。
農園では約60品目以上の作物を栽培されています。
「安曇野は、空気や水がきれいで、1日、1年の寒暖差も大きく、野菜も果物も美味しく育つ環境があります。そんな中で丹精込めて野菜栽培しています。おしゃれに調理していただけて、自分の生まれである東京のみなさんに食べてもらえるのは大変嬉しいです」

江戸時代より代々続く畑で年間30品目以上の少量多品種の野菜を生産。
無農薬、または減農薬での栽培のほか、微生物を豊富に含んだ奈良県吉野産のひのきのおがくずを土作りに用いるなど、野菜の美味しさを追求した土作りに取り組まれています。
代官山朝市、太陽のマルシェ、ヒルズマルシェなど都内のマルシェにも随時出店中。
*メディア出演:雑誌『ソトコト』2013年9月号「東京の住宅街の真ん中に江戸時代から続く農地が」、テレビ朝日系列『スーパーJチャンネル』2013年11月21日放送「都内にも!”絶品食材”大集合 幻の極上イモ」
「美味しさと新鮮さを追求した野菜作りをつづけています! ひと味違った野菜をお楽しみください」